2013年1月19日土曜日

断食

ELF Linden FORUMのセミナーに参加してきました。(ドイツのアロマテラピーとアロマケアの普及・保護を目的とする公益団体”フォールムエッセンツィアの活動を日本で支援する団体)
心の糧 ~アロマ&ハーブを用いた断食~
会報誌でとり上げられていた精油を用いての断食についてのセミナーでした。
ドイツでは断食を一つの療法として用いられているそうです。

講師の中村裕恵先生は医師(日本内科学会認定専門医・消化器病学会認定専門医)でもあり様々な自然療法を用いられている方なので医学的な説明も解りやすく自然療法の話も幅広くとても面白いお話を伺う事ができました。

先生が最初にハマったのはフラワーエッセンスだったそうでフラワーエッセンスの創始者”エドワードバッチ博士”が中村先生の専門の分野と繋がる細菌学の医師だったからだとか。

断食といっても一日の食事の一食を置き換えるプチ断食から7日以上の断食まで様々ですが、私はどれも未体験。

セミナーでは体内酵素の話や断食(ファスティング)の効用、注意点などのお話を伺い…
早速準備をして挑んでみたいと思ってしまいました。(もう少し暖かくなってからかな)
特に以下二点の効用に期待&体感したいところ。

「断食の段階が進むに連れて中枢神経や感覚器が敏感になる」

「セロトニンはほぼ腸内で生産されていることから腸内の環境が変わる事で精神面にも影響してくるという事」

そして解毒と体質改善も!





2013年1月9日水曜日

今年も動き始めました☆


仕事後のハーブティーに癒されています。
  ”どんな時でも心にゆとりをつくる事”
直ぐに一杯一杯になりがちな自分への大きな課題です。
とても大切な事ですよね…
もう一つの課題”自然のバイオリズムに沿って流れにのる” 乗りたいなぁと思ってます。
そして飲み始めたハーブティーはSONNENTORの「月のお茶」シリーズ☆
”月の癒し”の著者のレシピだそう。
新月茶、上弦の月茶、満月の月茶、下弦の月茶、に別れていて月の満ち欠けによる体の変化に対応しているハーブティーがブレンドされています。
例えば月が満ちていく上弦の月には体が補給や吸収の方向にエネルギーが向いていくので胃腸の調子を整えパワーが出てきそうなハーブティーが”上弦の月茶”にブレンドされていたり、面白いですよね。
植物にはバイオダイナミック農法(シュタイナー農法)がある位!
そしてバイオダイナミック農法で生育された植物から作られた製品にはとてもパワーを感じます。
私にはどんな変化があるかしら☆楽しみです!

2013年1月4日金曜日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり心よりお礼申し上げます。


写真はオーラソーマのボトルの中の一本。
色は「ターコイズとクリア」の二色です。
ターコイズは水瓶座を象徴する色とされているそうです。(ちなみに私は水瓶座☆)
占星術的には時代の大きなサイクルで西暦2000年前後から魚座から新しい時代、水瓶座の時代(New Age)へと移行していると言われています。
私はこのターコイズをみていると、どこまでも境目がなく、とても自由でクリアで心が澄みきっていく様で落ち着きます。そんな時代になるといいな。そんな存在に慣れたらよいな…と。
皆様はどの様に感じますか?

本年も宜しくお願いいたします!

皆様に幸多き年となりますように。